スパイスを通して「世界の香りとおいしさを」お届けします
Mascot スパイスとハーブのマスコットフーズ Mascot マスコットフーズ
サイトマップ お問い合わせ
メインメニュー スパイス百科 レシピ オンラインショップ よくあるご質問 会社概要 商品の紹介 スパイス
  ガランガル GALANGAL  
  ガランガルとは?
ガランガル ガランガルは熱帯アジア原産、ショウガ科に属し、形も風味もショウガに似ています。料理にはショウガと同じく根茎が使われ、こぶのある大型のものは外側は赤褐色で中は黄白色、小型のものは外側がくすんだ茶色で中は薄茶色をしています。インドネシア、その他東南アジア、中国南部に生育し、インドネシア、マレーシア、タイ、インドシナの料理に重要なスパイスとなっています。

  エピソード
中国では、古くから胃炎によく効く薬として、あるいは口に切片を含んで口臭を消すのに使用されたほか、調味にも用いられています。また、古代インドの記録にも残されてるようです。かつては、ヨーロッパでも重要なスパイスの一つでしたが、今ではリキュールなどに使用される程度です。

  どんな風に使われますか?
東南アジアの料理材料、インドネシアのグレ(カレー)やサンバルなどの辛くてスパイシーな料理の特徴です。ショウガと同様、インドネシア、マレーシアの魚介料理にはごく辛いものからデリケートな味のものにまで広く用い、スパイスのきいた鶏肉や卵、野菜の料理にもよく使います。
  • タイやインドネシアのカレーやスープ等の煮込み料理に。
  • タイのトムヤムクンの香り付けには欠かせないスパイスです。
  • ごく辛いものからデリケートな味のものまで広く使われます。
    揚げ魚にはサンバルソースに。(唐辛子を中心にガーリック、ガランガル等の刺激味、トマト、タマリンド、ライム等の酸味、魚醤の旨味や塩、砂糖で調味した薬味のこと)
ヴァニラ
五香粉(ウーシャンフェン)
オレガノ

ガラム・マサラ
ガランガル
カルダモン
カレーパウダー
キャラウェイ
クミンシード
クローブ
こぶみかん
コリアンダーシード

サフラン
山椒
セイロンシナモン
セロリシード

ターメリック
タラゴン
唐辛子

パプリカ
花椒

ローズマリー